小型魚中心で飼育してます。    
by Swamp(873m)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
タグ:60cm水槽 ( 8 ) タグの人気記事

 これが週一で行うルーティーンのメンテナンスの基本的な手順です。

[PR]
by 873m | 2017-10-29 20:06 | AQUA | Comments(0)


[PR]
by 873m | 2017-10-17 14:35 | AQUA | Comments(0)

◆90cm水槽
e0059398_17475307.jpg
EHEIM2217の吐水口を底床付近に下げてみました

e0059398_17482424.jpg























コリドラスたちは水流に抗って泳ぐ様になりました。

e0059398_17485422.jpg























ゲルフードをボトムスクラッチャーに変更
e0059398_17492310.jpg
良く食べてくれます。




◆75cmLow水槽
e0059398_17501240.jpg
枝流木を投入しました。



◆60cm水槽
e0059398_17504703.jpg
 フィルターをEHEIMの投込み式に変更。
右側のクリプトコリネもかなり復活してきました。



[PR]
by 873m | 2017-10-08 18:20 | AQUA | Comments(0)

e0059398_20582814.jpg
 60cm水槽

 完全なボララス水槽に近づけようと、オトシンネグロ、ヤマトヌマエビ、ミナミヌマエビを全て75cmLow水槽に移したところ、茶ゴケが大発生。急遽ミナミヌマエビ1匹戻し、石巻貝一匹増員。ブセファランドラが元気ないようなので、液肥をカリウム系に変更。他の水槽にあったナヤスがこのままいくと全滅しそうなので、無造作に投入。クリプト地味に復活中。


e0059398_21090268.jpg

 75cmLow水槽

 バックをボルビティスに変更。ちびパンダ6匹を90cm水槽のコリドラス成魚に合流。



[PR]
by 873m | 2017-09-01 21:14 | AQUA | Comments(0)
e0059398_13361011.jpg
 60cm水槽。現在こんな感じです。クリプトの林、復活はいつ?

e0059398_13530802.jpg
 75cmLow水槽。ボララス以外の小型コイ科の賑わい


e0059398_13474325.jpg
45cm水槽。現在はトリートメント用。流木を適当に放り込んだら、そこそこ絵になっていたりして

e0059398_13483445.jpg
ただ今絶賛トリートメント中なのはコリドラス・デルファックス。
結構お安い種類ですが、背びれが伸びてたりして将来有望です。


[PR]
by 873m | 2017-08-01 15:10 | AQUA | Comments(0)
e0059398_21083945.jpg
 7月1日の60cm水槽。写真だとよくわかりませんが、右側のクリプトコリネの多くが溶け出しています。
毎年夏になると溶ける傾向にありますが、秋、水温が落ち着く頃にはまた回復します。
 さほど水温が上昇していないのに溶けるのは少し不安はありますが・・・・


e0059398_21152289.jpg
 本日P.ゲリウスのこどもを親魚たちのいる75cmLow水槽に合流させました。
一見親魚と変わりないようですが・・・・



e0059398_21212949.jpg
  写真手前(下)の親魚に比べるとまだまだ子どもです。

[PR]
by 873m | 2017-07-01 21:29 | AQUA | Comments(3)
e0059398_23091542.jpg
 60cm水槽の右前景に進出した。Cr.モエルマニィを撤去、これでボララスたちが観易くなるのではないかと期待しましたが、今のところあまり前に出てきてくれません。でも前景草Cr.ルーケンス(?)は生長の促進が期待できるのではないかと。


 
e0059398_23172745.jpg

 撤去したモエルマニィは45cmH水槽に移植しました。上手く育つか、それとも溶けるか・・・・

●45cmH水槽
濾過:エアーリフトによる底面濾過
底床:砂利
照明:LED タイマー管理 約6時間
生体:ラウブカ・ダディブルジョリィ*12 ミナミヌマエビ
水草:ナヤス、バリスネリア、南米ウィローモス、Cr.モエルマニィ
 

[PR]
by 873m | 2017-05-17 23:27 | AQUA | Comments(0)
e0059398_16130912.jpg

 
 60cm水槽の5月の定期撮影。B.”ミクロス・レッド”が自然繁殖しているため、流木を移動しながらの底床掃除、水草のトリミングなどはしていません。生長の早い水草が無いことも幸いしていますが、先月と殆ど変わり映えのしない水景となっています。
 B.”ミクロス・レッド”稚魚について、殆ど放置状態でいつの間にかブラインを摂取可能の大きさになっていて、親魚や*同居魚も稚魚には全く無関心という状況。(*同居魚:B.ウロフタルモイデス、B.ブリジッタエ、ゴールドリング・ダニオ、オトシン・ネグロ)水槽内でどれだけの稚魚が生まれ、生長しているのか、クリプトコリネをはじめとする水草が繁茂しているため、全く把握できていません。
 現在の水槽の環境がたまたま彼らの繁殖に適した状態にあるのかも知れませんが、繁殖難易度としてはそれほど高くないものと思われます。

[PR]
by 873m | 2017-05-01 16:40 | AQUA | Comments(0)